FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[App store] iPhone,iPad アプリ公開方法

iPhone,iPadなどのアプリをApp storeで公開する手順をメモしています。
あと+αでアップルに対して審査の催促をする方法も記述しています


【環境】
Mac OS X :10.6.8
xcode :4.2


※基本的にMacで作業するorサファリを使うことをオススメします。※
 firefoxなどでは動かない部分が多々ありますゆえ。



■App store アプリ公開までの簡単な流れ

Appleのアプリ公開の流れを超単純に書くと

========================================================================================================
WEB側でアプリ公開します、このユーザでこのアプリIDで公開しますとApple Developerに申請

証明書やらアプリIDをもらい、作成したアプリと紐付ける

iTunes connectに登録したいアプリの情報を入力し、受け皿を作り、Appleに今からアプリ送りますと申請

xcodeからAppleに作成したアプリを渡す
========================================================================================================

おおざっぱですが、こんな流れ



■App store アプリ公開手順

①配布アプリ用「AppID」の作成

----ブラウザにて作業----

●Apple Developer

Apple Developer

画面右:iOS Provisioning Portal

画面左:AppIDs

Manageタブ内右上らへんにある「New App ID」をクリック

・Create App ID
 Description: アプリの説明(これが今後表示されることになるのでわかりやすい名前をつける)
 Bundle Identifer (App ID Suffix): アプリのID。他とぶつからないようにドメインなどを使用
 ※Bundle Identiferは配布したいアプリのxcodeプロジェクト、TARGET → Summary にあるIdentifierと同一の名前にする

入力が完了したら、Submitをクリック

Manageタブに戻り、↑で追加したAppIDが存在することを確認する

以上でAppIDの作成は完了


②配布アプリ用Provisioningファイルの作成、登録

----ブラウザにて作業----

●Apple Developer

画面右:iOS Provisioning Portal

画面左:Provisioning

Distributionタブを選択

右上ら辺にある「New Profile」をクリック

・Create iOS Development Provisioning Profile
 Distribution Method:App Store (AppStoreで公開するのが前提のため)
 Profile Name :配布用プロビジョニングプロフィールの名前
 App ID:↑で作成したAppIDを選択

入力が完了したら、Submitをクリック

Distributionタブに戻り、↑で追加したプロビジョニングファイルが存在することを確認する
また、数秒待って一度ページを読み直すとStatusがActiveに変更になるところまで確認する

作成し、StatusがActiveになった↑で作ったプロビジョニングファイルをダウンロードする
Actions項目にある「Download」ボタンをクリック

プロビジョニングファイルがダウンロードされる
ダウンロードされたファイルをクリックするとorganizer(オーガナイザ)が開き、登録される




③証明書の発行、追加

----Xcodeにて作業----

Xcode

organizer

LIBRARAY

Provisioning Profiles

画面再下部のAutomatic Device Provisioningにチェックが入っていることを確認し、「Refresh」をクリック
認証を求められるのでApple Developerにログインするときのユーザー名とパスワードを入力して先に進む




----ブラウザにて作業----

●Apple Developer

iOS Provisioning Portal

画面左:Certificate

Distributionタブ

xcodeのorganizer(オーガナイザ)に登録したアカウントのName左に証明書アイコンとチェックがついているかを確認
チェックのついているアカウントのActions項目の「download」をクリック

ios_distribution.cerがダウンロードされる
ダウンロードされたios_distribution.cer(証明書)をクリックするとキーチェーンに証明書が追加される




④Xcode プロジェクトの設定

----Xcodeにて作業----

Xcode

PROJECT

Build Settingタブ

Code Signing
 Code Signing Identity
  Release
  Any iOS SDK

この項目に配布用プロファイルを指定する




↑ここまでがアプリ公開の下準備↑



↓ここからはAppStoreにアプリ情報を入力していくiTunes connectの設定↓


※ここからは入力する項目が非常に多い。アプリの説明文や金額、スクリーンショットやサポートページのURL...多々あるので先に準備しておく


⑤iTunes connectへアプリとアプリ情報を登録

----ブラウザにて作業----

●iTunes connect

iTunes Connect

画面中央右:Manage Your Applications

Manage Your Apps画面内の左上「Add New App」

※初めてのアプリ登録の時のみ、App Storeに表示されるデベロッパー情報を入力※
Primary Language:デフォルトの言語
company:メインとなる国
developer name:公開する開発者名

・App Information
 Default Language:アプリのデフォルト言語
 App Name:アプリ名
 SKU Number:任意の番号(他のアプリとカブってはダメ。日付とか?)
 Bundle ID:自分のBundle IDをプルダウンで選択

完了したら「Continue」

・[App Name (アプリ名)]画面
 Availability Date:App Storeで公開する日(希望日)
 ※未来時間にすると審査が通っても指定した時間まで公開されない。
  現時刻にすると審査が通った瞬間に公開される
 Price Tier:価格。詳細はView Pricing Matrixをクリックして確認できる
 Discount for Educational Institutions:教育機関向けの割引の有無

完了したら「Continue」

・[App Name (アプリ名)]画面
 Version Information
  Version Number:アプリのバージョン(Xcodeと同一のバージョンにする)
  Copyright:コピーライト。自分で作成してOK
  Primary Category:第1カテゴリ
  Secondary Category (optional):第2カテゴリ(任意)
  Review Notes(optional):審査するアップルの人へのコメント(?)

 Rating⇒ギャンブル要素はあるか?酒やタバコ関連のものはあるか?セクシー系要素はあるか?などなど
     該当するものが含まれていない場合、基本的に「None」にチェックでOK
     右上あたりにAppRating 4+と表示されれば一番敷居の低いアプリとなる。R15指定、18禁みたいなノリ

 Metadata
  Description:アプリの説明文
  Keywords:アプリのキーワード
  Support Email Address:アプリサポート用のメールアドレス
  Support URL:アプリサポート用のWEBページURL
  Marketing URL (optional):マーケティング用URL(任意)
  Privacy Policy URL (optional):プライバシーポリシー用URL(任意)

 EULA⇒ユーザーにライセンス付与の必要があればクリックする

 Uploads
  Large Icon:アイコン画像。512×512
  iphone and ipod touch Screenshots:iphone、ipod touch用のスクリーンショット。複数毎登録可能
  ipad Screenshots:ipad用のスクリーンショット。複数毎登録可能

完了したら「Save」

登録されたアプリのアイコンと情報が表示される

画面右上「Ready to Upload Binary」をクリック

質問画面が表示される。暗号化関連らしい。
「No」を選択


完了したら「Continue」

再度、アプリのアイコンと情報が表示される
登録したアプリの「Status」が「Waiting For Upload」になっていればOK


Apple Developerアカウントに登録しているメールアドレスにiTunes storeから「Your app status is Waiting For Upload」というメールが届く



「Your app status is Waiting For Upload」というメールが、アプリ情報登録が完了し、アプリを受け取る準備ができましたよ、アプリを渡してくれれば審査しますよ、という状態になった証拠
ここまでがiTunes connectでの設定




ここからが最後

実際にアプリをAppleに渡し、審査にしてもらう


⑥アプリをAppleの審査に出す

----Xcodeにて作業----

Xcode

Product

Archive
※画面左上のデバイスがiOS deviceが選択されている状態で行なう

ビルドが始まる。バーで進捗状況がわかる。少々待つ

ビルドが完了後、organizer(オーガナイザ)が自動で開く

ビルドしたものを選択、「Validate」クリック

iTunes Connectのユーザー名とパスワードを入力

「Identify」に審査に出したいアプリ、distributionが選択されていることを確認

Validationの表示を確認し、「Finish」をクリック

organizer(オーガナイザ)上のStatusがPassed Validationに変わったことを確認し、「Submit」をクリック

iTunes Connectのユーザー名とパスワードを入力し、「Next」をクリック

ApplicationとIdentifyに審査に出したいアプリを選択し、「Next」をクリック

アップロード開始。アップロードされるまで待つ

「Finish」をクリック

organizer(オーガナイザ)のStatusがSubmitted変わったことを確認


----ブラウザにて作業----

●iTunes connect

iTunes Connect

Manage Your Applications

アップロードしたアプリを選択

StatusがWaiting for Reviewに変わったことを確認

Apple Developerアカウントに登録しているメールアドレスにiTunes storeから「Your app status is Waiting For Review」というメールが届く

数日(人による?)で「Your app status is In Review」というメールが来る。これがくると審査開始となる
ただ、なかなか「Your app status is In Review」のメールがこないこともある
レビューする時間がないってこと??
ちなみに「Your app status is In Review」のメールがきたら、審査自体はすぐに終わる




⑦数日くらい審査結果を待つ!

○審査でOKとなった場合
 審査に通ると「Your app status is Ready for Sale」というメールが届き、iTunes ConnectのアプリのStatusがReady for Saleになる
 ⇒公開希望日を越えていれば、AppStoreで確認できるようになってくる(少々時間がかかる)

×審査でNGだった場合
 審査落ちしてしまうと「アプリ名」: App Submission Feedbackというメールが届き、メールの中にResolution Center in(iTunes connect)へのリンクが表示される
 リンク先のResolution Center にアクセスすると審査落ちの原因が書かれているので指摘された部分を直して再度同じ手順(⑥からでOK)を行なう

以上!!
かなり長いですが頑張ってください!慣れれば行けるはず!





■■■■■補足 (ちょっとしたお得情報)■■■■■

手順⑥でアップルに審査に出して、長いこと無視されることがある
そんな時、アップルに審査はやくしてと催促できるフォームがある

アップルにアプリの審査の催促をするフォーム『Request an Expedited App Review』

http://developer.apple.com/appstore/contact/appreviewteam/index.html

このフォームに必要事項を入力し、
「はやくレビューしてください!」みたいな感じになる

ただ、アップルいわく
「このアプリケーションの審査プロセスの促進依頼フォームは、情状酌量すべき理由があるディベロッパーを援助する為に提供しており、全てのご依頼を受け付ける事をお約束できません。アプリケーションの審査を迅速に通過したい場合には、アプリケーションがApp Store Review Guidelinesに遵守しており、品質保証プロセスを十分に行う事を推奨します。」とのこと

まぁ当たり前です
自分の場合、リリース納期ギリギリのアプリだった為、一度だけ使用しました

このフォームから催促すると「Expedited App Review Request」という件名のメールが届きます

自分の場合、
催促するまでは「Your app status is Waiting For Review」メールがきてから7日くらい無視されていましたが、この催促フォーム Request an Expedited App Reviewから依頼すると「Expedited App Review Request」メールにて、了解!みたいな内容がきた後に、1日で「Your app status is In Review」メールがきました

忘れてたってことでしょうか??


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
スポンサー広告
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
プロフィール

どシロウトWEB屋

Author:どシロウトWEB屋
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。